カラダの老化から起こる

男性の強い味方「ED治療薬」

カラダの老化から起こる

加齢にともなう性機能の低下は男女ともに起こりますが、特に顕著な問題となっているのが男性の性機能の低下でしょう。

男性の性機能の低下には勃起不全やEDや精子の製造能力の低下などが挙げられます。

特にEDは精神や心理要因にも大きな影響を受けますが、加齢によるEDは主にホルモンの低下や血管の動脈硬化によるものが大きいと考えれています。

実際、このEDで悩む男性は現在40代の20%、50代の40%、60代の60%がEDであるというデータも残っています。

なぜ老化するとEDになるのでしょうか?

老化に伴い誰でもホルモンの分泌が減少していきます。

それに伴って性欲や性的興奮が少なくなっていくということが要因として挙げられます。

また、ホルモンの減少はそれだけにとどまらず、勃起の血液流入に必要な一酸化窒素の分泌も減少させてしまうのです。

この一酸化窒素が減少すると、ペニスの血管を拡張させる物質の分泌も低下し、EDとなるのです。

勃起時にはこの一酸化窒素が出続けるのですが、この量が少ないと勃起時間が短かったり、勃起しないことがあるとされています。

近年、男性にも更年期があることが解明されています。

とくに男性更年期障害患者の9割がEDであることから、男性ホルモンの減少はEDに大きな影響を与えていると言って良いでしょう。

EDの原因は治療をはじめる
copyright(C)男性の強い味方「ED治療薬」